スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Mac初心者日記】WindowsからMacへ乗り換えてみました

パソコンが壊れたので、WindowsからMacMac mini)へ乗り換えてみました。
HDDの故障だったので、ホントは修理して使うつもりでいたのです。
しかし時期が悪く、タイの大洪水でHDDの価格が高騰してしまい、おまけにOSがWindows XP SP3だったので、2014年04月でサポートが終了予定だった事もあり、PCを買い替えようと決意しました。
元のPCのスペックが・・・

ドスパラ Primeシリーズ GalleriaHG(2007年モデル)

  • OS:Windows XP HomeEditionSP2
  • CPU:Intel Core2Duo E6850(3.00GHz/4M/1333MHz)
  • GPU:NVIDIA GALAXY 8600GTS(256MB DDR3 DVI×2 PCIE Bulk)
  • メモリ:TRJ DDR2 1GB(PC2-6400 JM800QLJ-1G)×2
  • HDD:SAMSUNG HD501LJ(SATA2 500GB 7200rpm 16MB)

と言った感じで、HDDの挙動がおかしくなるまでは、それなりに使えていました。

今考えると、一応BTOなのでHDDもほぼ空っぽの筈が、買った当初に頻繁にクラッシュし、しばらく使っていると収まり、クラッシュしなくなると言う不思議な事がありました。
当時は、自身も初めてのPC購入で、会社で必要な事以外はまったく操作も出来ず、社用メールすら会社の事務のお姉さんに送ってもらうと言うド素人。
クラッシュしても再起動すれば良いだけと思ってました。

そんなこんなで使い続け、500GBのHDDにファイルも満杯になり、CDに移したりしていましたが、今年の秋頃に明らかに挙動がおかしくなってしまい、速攻で外付けHDD バッファロー HD-LBF1.0TU2(USB2.0用外付けHDD/1TB)(当時は6,500円くらい)を購入し、バックアップを取りながら使用していました。
が、先月(2011年11月末)に完全にHDDが壊れちゃいました・・・。

内蔵のHDDの価格高騰とXPのサポート問題もあり、PC本体の価格は下がっているので買い替えを決意したのですが・・・PCのスペックって迷いますよね。
今なら7~8万円出せばそこそこ・・・10万円出せばそれなりに良いPCが買えます。
で、いろいろ調べMacは完全に頭に無かったので、知ってびっくりなのがMac miniでした。
元々ドスパラのガレリアを使っていた私ですが、BTOパソコンって(特にドスパラ)拡張し易い様にケースがかなり大きいので、そのサイズの比較して、Mac miniって「ゲーム機か?」ってくらいの小ささで笑ってしまいました。
実際、PCのスペックを上げるならCPUやメモリやGPUは交換で良いし、HDDやSSDの増設やTVチューナーやBlu-ray Discドライブの組み込みも外付けで良いと考えれば、このケースの大きさは必要なのか?って感じはしてました。
それと、Mac上で仮想化ソフトでWindowsも使え、シンプルなアルミボディーにも惹かれ、Mac miniを検討しだしました。
予算は7~8万円と考えていたので、下位モデルで「52,800円から」となっていたので、範囲内かなと・・・。
しかし、いざ買うとなったら下位モデルと言うのはそれなりなので、やはり中間モデル以上は欲しくなるものですね。
Mac miniには上位モデルと下位モデルの2種類と、サーバーモデルが加わっての3タイプがあります。
サーバーモデルのものは、構成が若干違うので最上位とも呼べないのですが、価格面で言えば一応最上位となります。
そして全タイプ共通で「MacBook Air SuperDrive」と言う外付けの光学ドライブを購入しなければ、CD/DVDの読み書きが出来ません。
これが、「6,800円から」となっており、中間モデルのMac miniが68,800円と、この時点で合わせて75,600円。
更に、Winows7(Pro)と仮想化ソフトが、計約2万円。
更に更に、Windowsを仮想化ソフトでMac上で動かす場合、元の構成のメモリが2×2の4GBでは複数ソフトを立ち上げるとまぁまぁ厳しい事も判明。
Appleストアや公式オンラインでメモリを8GBにカスタマイズすると、18,480円プラスとなり、本体価格が8,7280円と跳ね上がる。
「Macじゃなくていいんじゃね」と思い出し、デートの際に早めに出発しドスパラなどを覗いてみる。
しかしドスパラのショップでは以前トラブった事もあり、あまり良い感情を持ってなかったのですが、今回も、なんかよろしくない気分に・・・なので結局Mac miniで再検討・・・。
Mac mini( Mid 2011)MC816J/A と言うのがサーバーモデルを除けば上位モデルなのですが、元のスペックは・・・

  • OS:Mac OS X Lion
  • CPU:2.5GHz Dual-Core Intel Core i5
  • GPU:AMD Radeon HD 6630M(256MB)
  • メモリ:4GB(2GB×2) 1,333MHz DDR3
  • HDD:500GB(5,400rpm/東芝MK5065GSX)
  • その他:Thunderboltポート、USB 2.0×4、FireWire 800、SDXCカードスロット、オーディオ入出力(デジタル/アナログ両対応)

と言った感じの構成です。
一応工場出荷時のみのカスタマイズとして、CPUは2.7GHz Dual-Core Intel Core i7への変更や、HDDやSSDが複数のタイプから選択出来る様になっています。
メモリの増設に関しては公式には最大8GBとなっており、Appleストアや個人での増設も保証対象内となっています。
非公式には16GBまで増設出来る様で、保証の有無は不明(多分対象外)。
ノーマルのままではちょっと寂しいので、カスタマイズを考えると結構な価格になるので、「これならiMacでよくね?」とも考えましたが、モニターと一体型と言うのがどうにも気に入らないし、今のモニターも買ったばかりだし・・・。

Mac mini( Mid 2011)MC816J/A.jpg


で、いろいろ悩んで結局Mac miniを購入した訳ですが、詳しい構成は次回『【Mac初心者日記】 Mac mini(MC816J/A)を購入』に・・・。




※メモリが安い《クレバリーeショップ 》《秋葉館オンラインショップ

※その他、Mac関連商品


AppBank Store




ジャパネットたかた メディアミックスショッピング



デル株式会社




☆楽ランク 外付けHDDランキング☆
☆リンクをクリックで楽天市場の各ページに跳びます。
関連記事



この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


PR Link



☆動画MYページはこちら

バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ バナー(120×60)









Link

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。