スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各種SNSボタンを横並びに設置する方法と注意点

ブログに「はてブボタン」「ツイートボタン」「いいね!ボタン」など、各種SNSボタン横並びに設置する方法と注意点です。
FC2ブログ用の、コピペで使えるソースも書いておきます。

ボタンの作り方は、過去記事の「ブログの記事ごとに『はてブ』(はてなブックマーク)ボタンを設置する方法」「ツイートボタン(Twitter公式)をブログに設置する方法」「Facebook『いいね!』ボタンの作成と設置(FC2ブログ)」をご覧下さい。
上記ボタン意外も設置出来ますが、今回はこの3点で説明して行きます。
バックアップを取ってから追記する事をお奨めします。


◆ 各種SNSボタンを横並びにする為のhtmlソース


<div class="sns_button">
<ul>
<li><a href="http://b.hatena.ne.jp/entry/<%topentry_link>" class="hatena-bookmark-button" data-hatena-bookmark-title="<%topentry_title>" data-hatena-bookmark-layout="standard" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"><img src="http://b.st-hatena.com/images/entry-button/button-only.gif" alt="このエントリーをはてなブックマークに追加" width="20" height="20" style="border: none;" /></a><script type="text/javascript" src="http://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js" charset="utf-8" async="async"></script></li>
<li><iframe src="//www.facebook.com/plugins/like.php?href=<%topentry_enc_link>&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width= 110 &amp;show_faces=false&amp;action=like&amp;colorscheme=light&amp;font&amp;height=21" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width: 110px ; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe></li>
<li><a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="<%topentry_link>" data-text="<%topentry_title>" data-count="horizontal" data-lang="ja">ツイート</a><script type="text/javascript" src="//platform.twitter.com/widgets.js"></script></li>
</ul>
</div>

class名はお好みで変更しても構いません(変更する場合は、CSSのclass名も変更して下さい)。
<li>~</li>間が、各種ボタンのソースコードです(ボタンを追加する場合、ボタンのソースを<li></li>で括り、<ul>~</ul>間のお好きな位置に追記して下さい)。
FC2ブログをお使いの方で、各種ボタンの種類やサイズ、各記事の抽出情報がそのままで良ければコピペで使えます。
上から「はてブボタン」「いいね!ボタン」「ツイートボタン」ですが、「いいね!ボタン」の横幅(赤字部分)は御自身で調整された方が良いかもしれません(赤字の前後に半角スペースが入っているので御注意下さい)。
「ツイートボタン」のテキスト部分は、個別記事タイトルを抽出する様にしてあります(赤字部分)。
ブログタイトルも入れたい方は、過去記事のソース下をご覧下さい。
御自身のブログのhtmlソース内の<!--topentry--> ~ <!--/topentry-->間に貼付けて、CSSにて調整を行います。


◆ 各種SNSボタンを横並びにする為のCSSソース


/*--- SNSボタン ---*/

.sns_button li {
margin: 10px 5px 10px 0;
float: left;
display: inline;
}

CSSソース内の、一番下にでも追記して下さい。
これは私の例ですが、直下のエントリーフッターが回り込み、レイアウトが崩れてしまいました。
エントリーフッター部分のCSSコードの中に、clear: both;(回り込み解除)を追記しました。
CSSの追記場所が判らない場合は、htmlソース内の先ほど追記したボタンのソースの直下に<br style="clear:both;">を追記してみて下さい。
margin内の数値は、お好みで調整して下さい。

ボタンの並びは記事下の様になります。




>>続きを読む

スポンサーサイト

Facebook『いいね!』ボタンの作成と設置(FC2ブログ)

Facebookの「いいね!ボタンの作成方法と設置方法(FC2ブログ)、及び注意点について記しておきます。
最近は、殆どのブログで標準機能として「いいね!」ボタンが設置出来る様になっていますが、設置場所とアイコンのタイプは決められています。
設置場所やアイコンのタイプを選ぶなら、御自身で一からアイコンを作り設置してみましょう。


「いいね!」ボタンの作成


type.gif 「いいね!」ボタンには幾つかの種類がありますが、各種SNSボタンを横並びに設置する事を前提とし、よく使われているタイプ2のbutton_count で説明します。




Facebookの《 Like Button 》ページへ行きます。

Like Button - Facebook開発者

ボタン作成画面は英語表記となっていますが、作り方は非常に簡単で、詳しい解説は《 Facebook Guide 》をご覧下さい。
ここでは、ボタン作成時の注意点を記しておきます。

  • URL to Like :ここにURLを入れるのですが、トップページのURLを入れるとトップページから「いいね!」ボタンを押した場合、個別記事のURLやタイトルが抽出されないので、後で書き換える必要があります。更に、ここでブログ等の個別記事用の変数を入力しても、エンコードされてしまいますので注意が必要です。ブログに設置する場合、どっちにしても書き換えが必要ですので、取り敢えずトップページのURLを入力しておきましょう。
  • Send Button :Facebook上の特定の友人に情報提供する為のボタンです。設置はお好みですが、私はサイズ調整の為省きました。
  • Layout Style :上記の様に、タイプ2のbutton_countを選択。
  • Width :Send Buttonを省き、タイプ2のボタンを選択した場合、概ね100~130くらいで良いと思います。(お恥ずかしながら、私の様にそれほど「いいね!」されない場合は97まで縮められると思います)。
  • Show Face :これはタイプ1のみの使用ですので、それ以外を選択すれば有効とはなりません(念のため、外しておきましょう)。
  • Verb to display :ボタンの表示を「いいね!」か「おすすめ」か選択出来ます。
  • Color Scheme :色の選択です。
  • Font :フォントの種類ですが、日本語のフォントはありません。

「Get Code」をクリックすると張り付けコードが取得できます。
今回は、設置が楽な「iflame」形式とします。
赤字の部分にトップページのURLを入力しましたが、URLがエンコードされています(コピペしないで下さい)。

<iframe src="//www.facebook.com/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fresistance6.blog7.fc2.com%2F&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=130&amp;show_faces=false&amp;action=like&amp;colorscheme=light&amp;font&amp;height=21" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:130px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe>


このままでは、トップページからの「いいね!」では個別記事が反映されないので、赤字の部分のみ書き換えます。
下記は、FC2ブログをお使いの方はコピペで使えます。

<iframe src="//www.facebook.com/plugins/like.php?href=<%topentry_enc_link>&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=120&amp;show_faces=false&amp;action=like&amp;colorscheme=light&amp;font&amp;height=21" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:120px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe>


<%topentry_enc_link>
は、FC2ブログ専用の個別記事のエンコードURLを抽出する変数です。
今回は、ボタンの横幅を120pxで作成しました。
いいね!ボタンは、通常は右側に何も無いのですが、「いいね!」されるとボタンの横に吹き出しが出現し、回数が表示されます。
その為、ボタンの大きさは若干余裕を持たせる必要があるのですが、レイアウト的になるべく間隔を空けたくないので、御自身の「いいね!」の回数に応じてサイズ調整して下さい。
2個所のwidthの横の数字で調整出来ます(私の様に、回数が一桁くらいの方は97でも良いでしょう)。


「いいね!」ボタンの設置


既にいいね!ボタンが自動挿入されている方は、機能をオフにします。
機能オフは、FC2ブログの管理画面の【環境設定】の【環境設定の変更】から行います。
画面上部の【ブログの設定】にカーソルを合わせ、記事の設定をクリックし、【Facebook】のところの「有効にする」のチェックを外して下さい。
続いてFC2ブログ管理画面の【環境設定】から、【テンプレートの設定】のHTMLソース内の<!--topentry--> ~ <!--/topentry--> 間の、任意の場所に貼付ければ完了です。
記事ごとに自動でツイートボタンが挿入され、各記事ごとの情報も反映されます。
<div class="sns_button"> ~ </div>など、適当な名前を付けておけば、cssにて位置調整が可能です。

これで「ブログの記事ごとに『はてブ』(はてなブックマーク)ボタンを設置する方法」「ツイートボタン(Twitter公式)をブログに設置する方法」と、3種類のボタンについて書きましたが、次はそれらを横並びに設置する方法を記事にします。

記事下にある様な設置方法です。



>>続きを読む

ツイートボタン(Twitter公式)をブログに設置する方法

Twitter公式ツイートボタンの作成方法、ブログ(FC2)への設置方法と注意点です。
最近では、ブログにツイートボタンを自動で設置出来る様になっていますが、「各種SNSボタンを任意の場所に設置したい」と言う方は、ご自身でツイートボタンを設置してみましょう。
各種ブログサービスにより設定の違いがあるので、ここではFC2ブログへの設置方法とします。

◆ ツイートボタンを作る


Twitter公式サイトの「素材>Twitterボタン」のページに行きます。

Twitter - ツイートボタン作成画面

お好みのボタンを選択します(ここではスタンダードな「リンクを共有する」で解説して行きます)。

【ボタンのオプション】>「URLを共有」>「ページのURLを使う」でも良いのですが、そのままだとトップページに新着記事を複数表示していると、その画面からツイートボタンを押した場合、トップページのURLとタイトルがツイートされます。
トップページからの閲覧でも個別記事のタイトルとURLを反映させたい場合は、直下のテキストボックスに<%topentry_link> と、入力しましょう(FC2ブログ専用の変数で、個別記事のURLを抽出してくれます)。
【ツイート内テキスト】も、同様に個別の記事タイトルを反映させたい場合は、テキストボックスにFC2変数の<%topentry_title> を入力します。
「個別の記事タイトル:ブログタイトル」の様な表示をしたければ<%topentry_title>:<%blog_name> の様に入力します(:の区切りはお好みで)。
【】や『』で括る事や、文字数内でお好きな文章を書き込む事も出来ます。
【数を表示】は、ツイートされた回数を表示するので、必要無い方はチェックを外して下さい。

ここからは自動挿入してくれる部分です(設定するかはお好みで)。
【ユーザー】の所は、ツイッターIDを入力すると「@optima_jpさんから」と文末に挿入されます。
これにより、ツイートしてくれた方からリプライされる形になります。
【推奨】は、オススメのユーザーIDを(ツイート後に「~さんがあなたにフォローする様にお奨めしています」などの表示がされる)、【ハッシュタグ】は、お好きなタグを自動挿入出来ます。

【ボタン大】も、お好みで・・・。
【言語設定】は、各国のボタンの表示文字です。

右側のデモボタンで確認し、テキストをコピーして貼付けるだけです。

FC2ブログでそのまま使えるソースです。

<a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="<%topentry_link>" data-text="<%topentry_title> 【<%blog_name>】" data-count="horizontal" data-lang="ja">ツイート</a><script type="text/javascript" src="//platform.twitter.com/widgets.js"></script>

data-textのところの<%topentry_title>はFC2ブログの変数で、個別記事のタイトルを抽出してくれます。
半角スペースを入れて、ブログタイトル(FC2ブログの変数で赤字部分)に【】を付けています。
【】を外して適当な区切りを入れるなり、ブログタイトル自体を外したり、お好みでご自由な文章を書き込んだり出来ます(このまま使うと、下記の様になります)。
個別記事タイトル 【ブログタイトル】 個別記事URL


◆ ツイートボタンの設置


まず、既にツイートボタンが自動挿入されている方は、機能をオフにします。
機能オフは、FC2ブログの管理画面の【環境設定】の【環境設定の変更】から行います。
画面上部の【ブログの設定】にカーソルを合わせ、記事の設定をクリックし、【Twitter】のところの「有効にする」のチェックを外して下さい。
続いてFC2ブログ管理画面の【環境設定】から、【テンプレートの設定】のHTMLソース内の<!--topentry--> ~ <!--/topentry--> 間の、任意の場所に貼付ければ完了です。
記事ごとに自動でツイートボタンが挿入され、各記事ごとの情報も反映されます。
<div class="sns_button"> ~ </div>など、適当な名前を付けておけば、cssにて位置調整が可能です。


前回の『ブログの記事ごとに『はてブ』(はてなブックマーク)ボタンを設置する方法』と、今回の『ツイートボタン』に続き、『いいねボタン』とそれらを横並びにする方法も、次回以降に記事にします。
このブログの記事下の様な設置方法です。




>>続きを読む

ブログの記事ごとに『はてブ』(はてなブックマーク)ボタンを設置する方法

ブログの記事ごとに「はてブ」(はてなブックマークボタンを、任意の場所に設置する方法のご紹介です。
記事下に、FC2ブログ用のコピペで使えるソースも記しておきます。
最近は、各社ブログに各種SNS(ソーシャルネットワークサービス)ボタンを設置する機能が備わっていますが、それらの機能で設置したボタンは、予め決められた位置に挿入されてしまいます。
更に、ブログの方でサポートされていないボタンを自身で追加すれば、ボタンは横並びにならずに改行されてしまいます。
SNSボタンを任意の場所に横並びに設置する事を前提に、まず、「はてブ」ボタンを設置してみましょう。

ブログの記事ごとに『はてブ』(はてなブックマーク)ボタンを設置


(設置方法は、FC2ブログ用のものですが、ボタン作成方法は共通です。)

  1. まずブログのサービスの、ボタン設置機能をオフにします。
  2. ボタンを作ります。
  3. ブログのhtmlやcssを書き換えます。

1番の機能オフは、FC2ブログの管理画面の『環境設定の変更』から行います。(現在FC2ブログでは「はてブ」ボタンのサービスはありませんが、場所の確認だけでもしておいて下さい。)
『環境設定』画面上部の『ブログの設定』にカーソルを持って行き、その中の『記事の設定』の中に各種ボタンの設定項目があります。
ここからボタンの設置のオン・オフを決められます。

2番のボタンの作り方です。
はてなブックマークボタンの作成・設置について 』のページで簡単に作れます。

はてなフ#12441;ックマークホ#12441;タンの作成・設置について

ご自身のブログのURLやブログタイトルを記入し、ボタンのタイプを選択するだけです(ココではスタンダードタイプで説明します)。

このエントリーをはてなブックマークに追加 <トップページ用のデモボタン>(コピペしないで下さい)

<a href="http://b.hatena.ne.jp/entry/http://resistance6.blog7.fc2.com/" class="hatena-bookmark-button" data-hatena-bookmark-title="SECTION・9-2nd" data-hatena-bookmark-layout="standard" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"><img src="http://b.st-hatena.com/images/entry-button/button-only.gif" alt="このエントリーをはてなブックマークに追加" width="20" height="20" style="border: none;" /></a><script type="text/javascript" src="http://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js" charset="utf-8" async="async"></script>

ただ、このまま貼付けるとURLもタイトルもトップページのもの(記入したもののみの出力)となってしまい、個別の記事のものとはなりません。
なので、URL、タイトル(赤字)のところを個別のもの用(FC2ブログの変数)に書き換えます。
URLのところを<%topentry_link>とし、タイトルのところを<%topentry_title>とします。

<個別記事用のボタン>は、各記事下のボタンをクリックしてみて下さい。

<a href="http://b.hatena.ne.jp/entry/<%topentry_link>" class="hatena-bookmark-button" data-hatena-bookmark-title="<%topentry_title>" data-hatena-bookmark-layout="standard" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"><img src="http://b.st-hatena.com/images/entry-button/button-only.gif" alt="このエントリーをはてなブックマークに追加" width="20" height="20" style="border: none;" /></a><script type="text/javascript" src="http://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js" charset="utf-8" async="async"></script>

※FC2ブログをお使いの方は、上記をこのままコピペで使えます。
これで個別記事のURLと記事タイトルが出力されます。
< > は、ボタン作成ページで入力すると文字化けしてしまいますので、書き換える必要があります。
記事タイトルの前後にブログタイトルも入れたい方は、<%topentry_title>の前後に<%blog_name> を/や : などで区切って入れれば、同時にブログタイトルも抽出出来ます。

3番目は【テンプレートの設定】のhtml編集画面から、<!--topentry--><!--/topentry-->間の任意の場所に記述すれば、自動で各記事ごとにブックマークボタンが表示されるので便利です。
<div class="sns_button"> ~ </div>など、適当な名前を付けておけば、cssにて位置調整が可能です。


これはFC2ブログ用の記述法ですが、トップページ用のボタンの作成方法は各ブログ共通です。
次回から、「ツイートボタン」「いいねボタン」の設置方法と、横並びに設置する方法をご紹介したいと思います。

このブログの記事下の様な感じの設置方法です。



>>続きを読む

【Mac初心者日記】 Mac mini(MC816J/A)を購入

WindowsからMacへ乗り換えてみました。
最初にどのモデルかで悩んだのですが、Mac mini(Mid 2011)MC816J/A カスタマイズして購入しました。
サーバータイプのもののみ、クアッドコア (Quad-core)の2ドライブとなっており、検討したのですが、コア数よりGPUと言う選択で Mac mini(Mid 2011)MC816J/A にし、カスタマイズして購入しました。


Mac mini( Mid 2011)MC816J/A.jpg


◆ Mac mini 初期スペックとカスタマイズ後のスペック


Mac mini(Mid 2011)MC816J/A (初期のスペック)

  • OS:Mac OS X Lion
  • CPU:2.5GHz Dual-Core Intel Core i5
  • GPU:AMD Radeon HD 6630M(256MB)
  • メモリ:4GB(2GB×2) 1,333MHz DDR3
  • HDD:500GB(5,400rpm/東芝MK5065GSX)
  • その他:Thunderboltポート、USB 2.0×4、FireWire 800、SDXCカードスロット、オーディオ入出力(デジタル/アナログ両対応)

Mac mini(Mid 2011)MC816J/A (カスタマイズ後のスペック)

  • OS:Mac OS X Lion
  • CPU:2.7GHz Dual-Core Intel Core i7 ※
  • GPU:AMD Radeon HD 6630M(256MB)
  • メモリ:8GB(4GB×2) kingmax PC3-10600 1,333MHz DDR3 ※
  • HDD:Wストレージ 純正の500GB(5,400rpm/東芝MK5065GSX)に加え intel 320 Series SATA SSD 80GBを組み込み ※
  • その他:初期構成

と言った感じで、※印の付いた所が変更個所です。

まず、CPUの変更は工場出荷時(公式オンライン)の選択個所となっているので、予算的に多少無理しましたが、Core i7 へ変更しました。
技術的に優れた人なら個人でもカスタム出来るのかも解りませんが、素人ですのでなるべくお任せしたい。
続いてメモリですが、AppleストアやApple公式オンラインでは4GBから8GBに変更すると、18,480円のアップとなります。
対応メモリの現在の価格が、4千円前後で販売されてますので悩みどころでした。
Appleストアや公式オンライン以外で購入すれば価格を抑えられます(個人でも簡単に増設出来る様です)。
そしてHDDですが、純正のHDDが5,400rpm(主流は7,200rpm)と、若干遅めのHDD構成となっているため、SSDとの交換も考えましたが、250GB以上を選択すれば53,025円以上の出費。
しかも交換となってしまうので、容量が下がってしまいます。
公式オンラインでは、HDDについてはアップグレードやSSDへの変更は複数タイプから選べても、Wストレージ(HDDやSSD等の記憶装置を2つ設置する事)に関してはタイプを選べません。
「750GBシリアルATAドライブ + 256GBソリッドステートドライブ」の構成のみで、HDDも自動的に交換となってしまい容量は約1TBとなりますが、プラス66,360円となります。
なので、考えたのがApple専門店での購入で、Wストレージとし、システムやアプリケーションなどをSSD(80GB)に、その他ファイルの置き場所としてHDD(純正品)に・・・これで総容量は580GBとなり、パーツと工賃込みでプラス21,700円となります。
元々Mac miniには、「Server(サーバー)モデル」(2ドライブ)と言う構成のものがある様に、もう一台ドライブを組み込めるほどのスペースがあります。
専用のマウントを使えば、SSDとHDDと言った感じで、他のモデルにもドライブを2台組み込める様です。
デメリットとしては、放熱効果の低下が挙げられますが、使用環境に依存するところもあるので問題無しかと・・・。

実際、SSD上のファイルと純正5400rpmのHDD上のファイルの読み書きは、体感出来る程の差がありました。
システム用に追加したSSDが予算の都合上80GBでしたが、Windowsも入れる予定なので120GB以上欲しかったところです。

結局『 Mac mini(Mid 2011) MC816J/A 』の、CPUをCore i5からCore i7へ、メモリを4GBから8GBへ、500GBのHDDに80GBのSSDを追加して購入しました。

今回私が購入したのは 、Apple公式オンラインに Apple Premium Reseller として紹介されてるApple製品正規販売店 kitcut (キットカット)と言うショップで、上記の構成に「MacBook Air SuperDrive(6,800円)」を購入し、合計108,520円(消費税・送料込み)でした(詳細)。
オンラインで様々なカスタマイズの構成があり、メモリの増設も16GBまで可能となっていました(価格はかなりお高いですが・・汗)。

前回の記事でも書きましたが、Mac miniのメモリの増設は、非公式には16GBまで可能です。
昨年暮れ頃から16GBのメモリの販売価格が、かなりの値下げ傾向にありますので、価格が落ち着いたら16GBへの増設も考えてみたいと思います。

次回は、初期設定で早速のトラブルについて・・・(笑)



※メモリが安い《クレバリーeショップ 》《秋葉館オンラインショップ

※その他、Mac関連商品


AppBank Store

>>続きを読む

PR Link



☆動画MYページはこちら

バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ バナー(120×60)









Link

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。