スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MacでWin】「Parallels Desktop 7 for Mac」MacでWindowsを使う

MacでWindowsを使える、「Parallels Desktop 7 for Mac」を導入してみました。

必要ないかな・・とも、思っていたのですが、XP時代から使っていたソフトのMacお試し版など使ってみたのですが、インターフェイスや機能的な違いがあって、Windowsを導入する事に決めました。


「Parallels Desktop 7 for Mac」とは・・・。


Parallels Desktop 7 for Mac 「Parallels Desktop 7 for Mac」(以下 Parallels と表記)とは、Intel製のCPUを搭載したMac上で、Windowsアプリケーションを実行する為のソフトです・・と言うより、「Windows自体をMacのアプリケーションとして使っちゃおう」って感じでしょうか・・・。
ただMacでWindowsを使うだけなら、Boot CampからOSを切り替えて再起動すれば済む事なんですが、Parallelsを使えば、再起動無しに自由に切り替えらます。「Windowsのソフトで加工し、Macのソフトで仕上げる」みたいな使い方も出来るので、瞬時に切り替えられるのはかなり便利です。


「Parallels Desktop 7 for Mac」をインストール


Parallels Desktop 7 Installer ディスク領域やインストール先を確認した上で、「Parallels」をインストールしてみましょう。
まず、ディスクを挿入すると、右図の様な画面が立ち上がります。インストール.appをダブルクリックでインストールが始まります。あとは、以下の画面の様に指示に従えばOK。

Parallels Desktop 7 Installer Parallels Desktop 7 Installer Parallels Desktop 7 Installer
Parallels Desktop 7 Installer Parallels Desktop 7 Installer Parallels Desktop 7 Installer

とまぁ、ものの数分でインストール完了(ダウンロード版もインストーラー画面や手順は同じらしいです)。

これで、Mac上でWindowsを仮想化して動かす下準備が出来たと言う訳なんですが・・・。
「Parallels Desktop 7 for Mac」製品版、ダウンロード版、優待版、キャンペーン中・・など、値段はさまざまです。私も数ヶ月前のキャンペーン中の時に、かなりお安く購入したのですが、よく調べてお得に入手しましょう。
Parallels icon


※キャンペーン中の時があります↓
>> 《Vector》「Parallels Desktop 7 for Mac」をベクターで見る


「Parallels Desktop 7 for Mac」購入まめ知識 ↓↓↓↓↓

>>続きを読む

スポンサーサイト

PR Link



☆動画MYページはこちら

バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ バナー(120×60)









Link

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。