スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Mac初心者日記】KeyRemap4MacBookでWin用、Mac用Lion非対応キーボードの設定変更

Bluetoothキーボードを購入したのですが、勇み足でLion非対応の物を購入してしまいました(アカンやん 笑)。
当たり前なんですが、特にLionをお使い初心者の方は、ソフトやパーツの購入の際、Mac用となっていても「Lion対応」「Lion非対応」をしっかり確認しましょう(価格が大幅に安くなっているものは、多くが OS Ⅹ 10.6~までとなっています)。
まずキーボードは、旧式で安かったので ELECOM(エレコム) TK-FBP014EWH を購入しました(初めはBluetoothが認証されなかったのですが、3回目で認証され、その後問題無く使えています)。
何故かは不明なんですが、自身の操作ミスだったのでしょう・・・。
前回も書いた様に、F(ファンクション)キーの割当が違う様で、デフォルト設定のFキーがまったく使えないので「KeyRemap4MacBook」と言う、フリー(無料)のキーボードの設定を変えるソフトを入れてみました。
これがなかなか凄いソフトで、Fキーやショートカットの割当を予め決められた内容の中から変更したり、オリジナルの割当を作成出来たりします。


ELECOM(エレコム) TK-FBP014EWH


上図のキーボードは英語99キーのキーボードで、Lion非対応です。
Lionでデフォルト設定のキーボードでのボリュームコントロール「F10=ミュート」「F11=音量ダウン」「F12=音量アップ」が使えません(かろうじて「F12長押し=CD・DVD取り出し」は使えていました)。
これを「KeyRemap4MacBook」で設定変更し、使える様にしてみました。

KeyRemap4MacBookでWindows用、Mac用Lion非対応キーボードの設定変更


まず【KeyRemap4MacBook】のページから、御自身の環境に合った同名のZipファイルをダウンロードして下さい。
Zipファイルを解凍し、インストール出来たら、【システム環境設定】の【その他】の所に【KeyRemap4MacBook】と言うアイコンが出来ていると思うので、クリックして開きます。
中断辺りの【Change F1‥F19 Key & Functionnal Key (Brightness Control, Music Control, Volume Control)】【F1‥F12 to Functional Keys (Brightness Adjust, Music Control, etc)】と折りたたみのタブを開き、【F10,F11,F12 to Speaker Controls】にチェックを入れます。

KeyRemap4MacBook スクリーンショット

これで、Fキーでボリュームコントロール(「F10=ミュート」「F11=音量ダウン」「F12=音量アップ」「F12長押し=CD・DVD取り出し」はそのまま)が使える筈ですが、使えなければMacを再起動してみましょう。

同ページ内の「PCKeyboardHack」と組み合わて様々なキーボードの設定が可能な様なので、ページ内をよく読み、その他の設定も色々試してみて下さい。
Windows用キーボードも、Mac用Lion非対応のキーボードでも設定を変更出来る様なので、かなり便利なツールだと思います。


>>続きを読む

スポンサーサイト

【Mac初心者日記】 Mac OS Ⅹ Lion でWindows用キーボードが使えない?

WindowsからMacに乗り換えて、早速、初期設定でつまずきました。
初期設定と言っても、只、ユーザー登録するだけなのに(笑)。
まず、「Mac OS Ⅹ Lionでは、Windows用のキーボードは使えないの?」・・・って疑問にブチ当たりました。
と言うのも、以前使ってたPCがいきなり壊れてしまい、最初はMacへの乗り換えなど全く考えていなかったので予備知識が有りませんでした。
「Mac OS Ⅹ Lionでは、Windows用のキーボードは使えないの?」って疑問は、結論から言って「概ね、使えます」。
Appleのサポートに電話し、キーボードの型番を訪ねられたので伝えると「対応機種では無いので、使えない」とのニュアンスの事を言われたのですが、実際は殆どの機種が使えるのではないでしょうか・・・と言ってもメーカーや機種によって違いはあるかも?・・なので、一概には言えませんが・・・。

それでは、接続終えて電源ON!


◆ ユーザー登録


ユーザー登録は、ユーザー名やシリアルナンバーを入力するだけです。
注意点は、キーボードやマウスは有線タイプ、もしくは無線ならUSBタイプが必要な事です。
Bluetoothタイプの物は、機器の認証作業を行う必要が終えるまでは使えませんし、不安定要素が有ります。
後々、Bluetoothの物を使う場合でも、有線タイプ、もしくは無線USBタイプの物は機器の故障に備える意味でも、持っておいた方が良いと思います。

◆ 文字入力と入力設定


※Windowsの画面下部にあるタスクバーは、Macでは上部のメニューバーとなり、そこからも各種設定などが出来る様になっています。
Win用、もしくはLion非対応のキーボードで「英字(ローマ字)」と「ひらがな」の切り替えは、上部メニューバーの「A」もしくは「あ」をクリックすればプルダウンメニューが出て来るので、そこから選択すれば切り替わります。
でも、文字を打ちながらそんな事やってられないですよね。
同じプルダウンメニューの中に、【環境設定を表示】と言う項目があるので、クリックしてみて下さい。
【ことえり環境設定】が開いたら【入力操作】を選択し、【Windows風のキー操作】にチェックを入れると、キーボードのボタン操作で文字の切り替えが使える様になると思います。
【Caps Lock キーの機能】の【入力モードの切り替えをしない】の項目も、お好みの設定に変えてしまえばWindowsの時と同じ様に使えるのではないでしょうか・・・。
日本語の小文字(ぁ)等の打ち方は、Winなら「L(エル)の後にA」ですが、Macでは「Xの後にA」など、最初にエックスを入力します(慣れるまで大変です)。
これでWin用キーボードが、概ね同じ様に使えると思います。

Appleのサービスでは上記の事を教えてくれなかったので、取り急ぎネットで安いBluetoothキーボードを注文したのですが・・・。
OS Ⅹ 10.6 とは Snow Leopard で、OS Ⅹ 10.7 とは Lion の事で、2011年の12月の時点では、純正以外でLion対応のキーボードって、あまり無かったみたいです。
更に私の認識不足も有り、購入した物がLion対応では無かったと言う・・・(笑)。
そして、F(ファンクション)キーが全く使えない・・・(汗)。
よくPCからBGMを流しているのですが、仕事の電話がかかって来た時は、ミュートするのに【環境設定】を開いて・・・とか、やってられない!
Lionでは、メニューバーからはボリュームの上下しか出来ない、と言う不便さがどうしても許せなくって、色々調べたら、Fキーの割当などを変更するツールが見つかりました。
次回、ご紹介したいと思います。

しかし・・・各社サービスってイマイチなので、ヘビーユーザーの方を参考にした方が良いのは、世の流れとして仕方ない事なのでしょうか?・・・(^ ^;)

>>続きを読む

PR Link



☆動画MYページはこちら

バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ バナー(120×60)









Link

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。